園の取り組み

東京都福祉保健局より「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言」の認定をいただきました!


駒井町みんなの家は、職員が働きやすい職場を目指し、
2021年10月15日に「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言」事業所となりました。

「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言」とは…


働きやすい職場づくりに取り組むことを宣言する高齢・児童・障害分野の事業所の「働きやすさ」に関する情報を公表することで、 人材の確保と定着を求める福祉事業所と自分に合った職場を探す求職者の双方を支援することを目的に実施している事業です。

参考URL:「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言」


「TOKYO働きやすい福祉の職場宣言事業所」ガイドラインは、

・採用
・人材育成
・仕事の評価と処遇
・ライフ・ワーク・バランス
・職場環境・風土


に関する分野の17の項目で構成され、項目ごとに達成に向けた取組内容を具体的に提示することで、
働きやすい職場づくりに向けた取組の進捗状況が客観的に判断できるようになっています。
「駒井町みんなの家」では保育士・栄養士・保育補助の求人を随時行っておりますので
お気軽にお問合せください。>>>駒井町みんなの家 求人情報ページ


東京消防庁より救命講習受講優良証(優良マーク)をいただきました!


駒井町みんなの家では、職員の3割以上が救命講習を修了しており、また看護師の職員が「上級救命技能認定証」を取得したことにより、東京消防庁より令和3年10月8日に、救命講習受講優良証(優良マーク)をいただきました。今後は、職員全員が救命講習を修了することを目指し、地域貢献に役立てたいと考えています。

救命講習受講優良証(優良マーク)とは…

応急手当の普及に関し、下記の交付要件を満たしている事業所等に対して、消防署長より交付される証書です。

<交付要件>

  1. 事業所や商店街、地域等で、救命講習の普及を推進する人(応急手当普及員など)が養成され、救命講習の普及に活用されていること。
  2. 交付対象毎に、総数(従業員数等)の30%以上が、有効期限内にある救命講習修了者であること。
<<東京消防庁ホームページより引用>>

園内事務所にて救命講習受講修了証を掲示しています。玄関前にはAED(自動体外式除細動器)を設置しており、万が一の際に備えています。 また、月に一回、様々な災害のケースを想定し、職員および園児全員で避難訓練を実施しています。